ビットコインの暴落 

ビットコインを2018年に買った人は確実に損をしていますよね。根拠は、私も2018年の1月に購入し、元本割れしています。株ではないけど、その表現が一番合っている気がします。

さて、この暴落は暴騰することがあるのでしょうか。現状維持でも、どうなんだろうね。ビットコインを資産として購入した人達からすると黙っていられなくて、その、うっぷんを跳ねのけるために、ビットコインを手放しているのでしょうか。


私は、ビットコインが高騰して、少し下がった時に買ってしまいました。

1万円で、0.0055222BTC(0.0055222ビットコイン)を購入しました。9,800円ほど投資しています。それから、しばらくは泣かず飛ばずの定位置で推移していたのですが、1月16日〜17日にかけて、ドボ〜ンと谷底へ落ちてしまいました。

しばらくは様子を見ていたのですが、上がる様子もありませんでした。っで、私が、やちまった行動を明かしますが、参考にも、肥料にもなりませんので、よろしければ読み進めて下さい。

目次
@ビットコインからアルトコインへ
A何故、アルトコインのリップルを買ったのか
B反省

@ビットコインからアルトコインへ

1月17日の夢の暴落から、私の9800円は下がっていくだけかもしれない。初めての投資なので、仕方がないと気を取り直していたのですが、PCの画面のビットコイン以外のアルトコインも下落していました。

 

ビットコインは1ビットコインの単価が高いときには200万を超えていました。私が買ったときの単価は1月10日頃に180万弱でしたので、単純に下がったのだから、「買うべ」ぐらいの意識で買ってしまったのです。

 

暴落したので、少しだけ、無い頭を駆使して考えたのが、「高い単価のコインは下がったときのリスクが高い。低い単価のコインは下がってもリスクは小さい」と単純な考えで、安い、アルトコインを買いました。

 

A何故、アルトコインのリップルを買ったのか

ビットコインからリップルに寝返った理由は、ビットコインが暴落した後にリップル(XRP)情報局のホームページを閲覧したからです。

 

リップル(XRP)はグーグルが出資をしたことで非常に注目度を上げた仮想通貨で、グーグル以外にもアメリカの投資会社がリップルに出資をしている将来性を買われている仮想通貨の一つです。

 

あのグーグルが認めた仮想通貨なので、技術力だけではなく将来性も期待がされているので、時価総額3位の上位の仮想通貨になっています。
(上記のホームページから抜粋)

 

 

リップルに期待しない分けでもありませんが、そのままビットコインのままというのもアレだし、かすかな望みをリップルに託しました。ビットコインチェックの取引所が、NEMの流出580億円のうち460億円を支払うプレス発表をした際に、ビットコインチェックの存続が怪しくなっています。

 

もし、ビットコインチェックが破産すると私の雀の涙程の資産も消えてなくなると思います。

Bビットコインの反省

反省すべき点は沢山あります。

 

ビットコインは、先ず少額の投資から始めることができる。 株のように、社会情勢や経済について詳しくなくてもコインを買える。これがまずかった。簡単に買えるということは、簡単にお金も消えてなくなることを意味していると、今になって分かりました。

 

仮想通貨とは?

 

お金では無い。物体でも無い。空気でも無い。手に触れることができない金貨。それも違います。そんな意味不明な物に、一途な夢を託していたことに、天罰が下ったのです。当分、静かに暮らしていきます。

 

お金は楽して儲かるものではないと何度も言い聞かせていたのに、同じ失敗を繰返す自分にホトホト嫌気が差しています。お金は、転がして増えることはありません。寝かしても増えることはありません。

 

お金に困らない暮らしをしたいという願望が今回の反省でした。

 

 


ビットコイン始めてみたら、いきなりの暴落

仮想通貨のビットコインを買ってみました。投資すら試した事ないけど、「百聞は一見に如かず」ということで、1万弱ビットコインに投資しました。世間が騒ぎはじめたこのタイミングで始めたのは遅いかもしれません。何故なら↓グラフを見て下さい。1年前は1ビットコインで10万円。今では170万前後を上がったり、下落...

≫続きを読む

 

ビットコインの暴落は立ち直れないのか

ビットコインを2018年に買った人は確実に損をしていますよね。根拠は、私も2018年の1月に購入し、元本割れしています。株ではないけど、その表現が一番合っている気がします。さて、この暴落は暴騰することがあるのでしょうか。現状維持でも、どうなんだろうね。ビットコインを資産として購入した人達からすると黙...

≫続きを読む

 

TOPへ



ホーム RSS購読 サイトマップ